【前編】「ドラカプ RE BIRTH 超パワー覚醒編」を手掛けた職人―“超復活”した「ドラカプ」シリーズ編―
2020/07/27 10:00
さまざまな方法で『ドラゴンボール』に関わり、『ドラゴンボール』に愛を抱き、『ドラゴンボール』ファンのために最上級の“モノ”を届ける職人たち=アルチザン。彼らに注目する連載企画、それがDRAGON BALL Artizanです。


今回は、7月30日(木)発売予定の「ドラカプ RE BIRTH 超パワー覚醒編」企画担当の山内さんにインタビュー! 前編の本記事では、累計販売数900万超えの人気シリーズである「ドラカプ」が、「RE BIRTH」として復活した経緯を伺います!!

メガハウス 山内さん
フィギュアやルービックキューブをはじめ、さまざまな玩具を発売するメーカー「メガハウス」。山内さんは、本アイテムの企画を担当している。過去にも、布やソフビ等様々な素材を組み合わせたハイクオリティフィギュア「Dimension Of DRAGONBALL」シリーズなど、『ドラゴンボール』関連アイテムを多数手がけている。


他、山内さんの担当された『ドラゴンボール』関連アイテム。
「デスクトップリアルマッコイ」(画像左)
「Charaction CUBE ドラゴンボール超」(右)。
山内さんは「DRAGON BALL Artizan」3回目の登場!
『ドラゴンボール』をこよなく愛し、長年企画担当をされている方です。

『ドラゴンボール』に携わりたくて転職!

――今回発売されたのは「RE BIRTH」の2弾となりますが、山内さんは「ドラカプ」シリーズにいつ頃からたずさわっているのでしょうか?

最初のシリーズの第6弾からです。そもそも『ドラゴンボール』のアイテムを作りたくてメガハウスに中途入社して、入社後すぐに「ドラカプ」の担当にしてもらいました。最初は夢がかなって喜んでいましたが…あまりにも大変で、2か月後には早くも悪態をつきたくなるくらいでした (笑)。

――どのように大変だったのでしょうか?

以前のシリーズでは、7種類のラインナップにボーナスパーツが付属していたので、同時に8つものフィギュアを制作することになります。小さくても、大きいフィギュアと手間は変わりません。さらに「ドラカプ」では、1つの台座の上に2体のキャラクターを乗せることもありますから、とてつもない作業量になります。


今弾のラインナップは全4種、キャラクターの数は6体。

“超復活”を目指した2つのきっかけ

――「RE BIRTH」1弾は「待望の超復活編」ということで、まさにファン待望の復活でした!

「RE BIRTH」の前にも、以前の金型を組み直して改良したものを発売はしていましたが、こうして新シリーズとして発売するまでに長い期間を経てしまいましたね。


2019年12月に発売された、
「ドラカプ RE BIRTH 待望の超復活編」

――復活させようと思ったきっかけはありますか?

これまでにも何度か復活の計画は上がっていたのですが、アニメ『ドラゴンボール超』の最終回で悟空とフリーザが共闘しているのを見て、なんとか頑張って新しいものを出したいなと思ったのが大きなきっかけです。あのフリーザが悟空に協力するなんて、すごいことじゃないですか。


「待望の超復活編」の「悟空・フリーザ共闘」!

もう一つの理由は、「ドラカプ」のようなロープライスのフィギュアが市場には必要だと考えているからです。今は1万円を越えるフィギュアにも需要がありますが、子どもが限りあるお小遣いで「欲しい」と思っても手が届きませんよね。ですから、次の世代を育てる…なんて言うとおこがましいですが、「ドラカプ」は、そうした役割を担う商品にしたいので、「千円札を1枚出せばひとつ買える」という金額設定は譲れませんでした。
“ピン”は使わない!

――共闘シーンを作りたくて「ドラカプ」を復活させたと言うことですが、ラインナップの選定は山内さんがご担当されているのでしょうか?

“やりたいこと”がブレてしまうと良くないので、1人で決めています。ただ、「この構図でやりたい」と進める中で、「こういう見せ方の方がいい」という案をもらえば盛り込んでいます。ですから、最終的には携わっている皆の英知が詰まった商品になります。

――構図を考える上でのこだわりはありますか?

いい意味で期待を裏切りたいと思っています。二次元の映像をそのまま再現するよりも、そのシーンの表現の中に驚きを入れたいです。驚きの一つとして、構図を考える上で、極力“ピン”を使わないと決めています。


“ピン”とは、フィギュアを固定する透明な棒。
キャラクターが浮いているように見せるためなどに使用する。

重力の法則を無視して浮かせることはできないので、ピンの代わりになる物を考えた上で、構図の案を出すのが大変です。実際に立体化してくれる原型師さんや工場の方々に苦労をかけています。「ピンを立てないと無理です」と言われても、「ピンってなんですか?」としらばっくれて頑張ってもらいます(笑)。


ピンを使用せずに脚の接地面を利用して亀仙人を浮かせた、
「待望の超復活編」の「ジレンVS武天老師」。

“超復活”に至るまで

――人気だったにも関わらず、「ドラカプ」の新作が登場するまでに期間が空いた理由は?

現実的な問題で、工場のコストが高騰して値段を抑えられなくなってしまったんです。フリーザと悟空の共闘を作りたいと思ってからも、やはりコストの問題が解決できず半年ほど頓挫しました。

――どうやって解決したのでしょうか?

ラインナップを7種類に固執する必要は無いと気づきました。大事にしなきゃいけないのはそこじゃないと。それでも、ラインナップを4種類に変更したことへの不安は大きかったのですが、商品を監修された方から「昔買っていました」と言ってもらえたり、販売店の方から「待ってましたよ」と受け入れてもらえたり、お客さんから「ありがとう」という言葉を頂いたので、復活させてよかったなと思っています。


2弾「超パワー覚醒編」と1弾「待望の超復活編」。

「ポンコツ」と書かれたTシャツを着用しつつ、その言葉とは真逆の立派な仕事をされている山内さん! 「ドラカプ」は熱意と苦労を以て制作され、復活に至りました。

後編の記事では、新発売となる「ドラカプ RE BIRTH 超パワー覚醒編」の魅力をお伺いします! コチラからチェック!
n200700001.html

ドラカプ RE BIRTH 超パワー覚醒編
☆販売元:メガハウス
☆発売日:2020年7月30日発売予定
☆価格:1個900円(税抜)

©バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
©「2018ドラゴンボール超」製作委員会